2014年05月25日

17日目

母が亡くなって 17日。

寂しくて仕方がないのですが 悲しい気持ちは少し落ち着きました。



近所には思い出ポイントが多すぎて

何を見ても思い出して泣けてきて 

何かする気力も なかなかわきませんでした。


メッセージ ありがとうございました。パワーをいただきました。

霊感クラブの友達に いろいろと聞けたので少し落ち着きました。


昨日は高校の時の友達が実家に来てくれました。

久しぶりに 思い切りしゃべって また少し元気になりました。



そこにいないこと

笑いかけてくれないこと

声を聞けないこと

触れられないこと

寂しくて仕方がありません。


でも「じいちゃんの面倒みたってよ。」って声を思い出して頑張らないとね・・

posted by 花 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

4月29日 火曜日

祝日だったから 昼食の時間に合わせて病院へ。
昼食と言っても透析があるから1時半くらい。
食べられそうなものを持って行きました。

車いすに乗って透析から病室へ帰ってくると

「○○ちゃん(私の名前)に よくしたらないかんで。」

「私、死んだで葬式があるけど ○○ちゃん(私の妹)は呼んだ?」
(「誰が死んだの?死んでないじゃん。」)
「じゅっちゃん、りょーくんがいるから まだ○○ちゃんは(私の名前)死んだらいかんわ。」
「若人だで^^」
いつも冗談を言う時みたいに にこーーっと笑ってそう言いました。
もう死後の世界にいて 私が一緒に来てしまったとでも思ったのでしょうか・・

前回の透析の時(4月26日)、相当辛かったようで
病室に帰ってきても 何もしゃべれず動けず
もうこのまま死んでしまうのではないかと思ったくらいでした。
それに比べると やけにおしゃべりでした。

何も食べたくないというけれど
スイカ食べる?と聞いたら「スイカなら食べる。」と言って
持ってきたスイカは全部食べました。
仕方なくなどうかわからないけど
スイカ、鉄火巻き、スイカ、酢のもの って順番に食べていました。
口に運んだのは私ですけどね^^

昼食が終わるといったん帰り 夕食の時間にまた病室へ。
看護師さんから少し様子がおかしいと聞きました。

娘を迎えに行くために病室をはなれ
娘とともに病室に行くと 看護師さんが夕食を食べさせてくれていました。
なすだけ食べて もう食べたくないと涙目になったそう。

「バナナあるよ。食べる?」と聞くと
「食べる。食べる。全部食べれそう。」と言う答え。
バナナを3分の1食べました。
このバナナが 最後に母が食べたものです。

その後
「りょーくんは?」
(「りょーくん 遊びに行ってるよ。」)
「そうかぁ 遊びに行ってるのか。」

(「もう帰るね。」)
「帰ってまうのか・・」
(「明日また来るよ。」)
「じゅっちゃん、気をつけてね。」
(「私には?」)
「あんたもね^^」

そんな会話をしてから帰りました。

母が私を私だとわかっていたのはこの時までかもしれません。

はじめて 帰ってまうのか・・と帰ってほしくないという言い方をしました。
はじめて 私に「気を付けてね。」と言わなかった。
はじめて 「じいちゃんの面倒見たってよ。」と言わなかった。

明日、仕事に行って説明して しばらく休もうと思って帰ったのでした。

今思うともう少し 早くから休めば良かったなぁ・・


posted by 花 at 08:59| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。